日常にサングラスを積極的に取り入れよう!


サングラスをかける事で得られるメリット

ファッションの一つに見られがちなサングラスですが、実は様々な役割を担っています。その一つが紫外線対策で、サングラスをかける事で強い紫外線から目を守り、細胞へのダメージも軽減させます。日常生活の中で浴びる紫外線程度なら、それほど敏感になる必要はありませんが、長時間浴び続けると目の疾病を引き起こす原因になるため、ドライブやスポーツの際は積極的に活用した方が賢明です。またサングラスは、単に太陽の光を遮るだけではありません。晴れの日は反射や体感温度の上昇、曇りの日は立体感や遠近感の喪失感といった視界の見えにくさを解消します。その他、風や埃、花粉といった外的要因からも目を守る事が出来るので、夏のみならず1年を通して活用出来るアイテムなのです。

サングラスの上手な選び方

サングラスをかける時は、自分に似合う形を選びたいものですが、顔の形によって似合うとされるスタイルも変わってきます。例えば丸顔の人ならスクエア型など直線的なもの、面長な人ならレンズが少し大きめなウェリントン型やボストン型を選ぶと、顔全体のバランスも良くなります。さらに四角形型の人は、顔の形とは違うボストンやオーバルなど曲線的なタイプをかける顔の印象が優しくなり、逆三角形の人がオーバル型のサングラスを選ぶと、よりフェイスラインが引き締まって見えるようになります。また紫外線カットを重視したい場合、紫外線透過率に着目して選ぶ必要があります。サングラスの色が濃いほど紫外線のカット率も高いイメージがあるかもしれませんが、レンズの色は全く関係ありません。紫外線をどれだけ透過するレンズであるかが重要で、紫外線透過率1.0%以下なら99%の紫外線をカット出来る事になります。

サングラスは、花粉や紫外線をカットする目的だけでなく、ファッションアイテムの一つとしても多くの現代人に重宝されています。