花粉対策メガネは本当に花粉を防ぐことが出来るのか


花粉対策とメガネの関係とは

毎年特定の時期になると目がかゆくなったり鼻水が止まらなくなるなど、花粉症の症状に悩む人は多いです。花粉症になる人は年齢や性別など関係はなくある日突然発症する可能性があるのです。花粉症とひと言でいっても症状は人それぞれですが、苦しさやつらさは誰にとっても耐えがたいものがあります。このような状態から抜け出したい、少しでも花粉を体内に吸収させないためには何か対策はないのか気になりますよね。よく知られている花粉対策としてメガネを使う方法があります。メガネといっても視力矯正のためのメガネとは違い、選び方も顔のカーブにフィットするようなフレームにフードがついている形状のものが適しているといわれています。

メガネ着用で花粉対策が出来るのは本当なのか

通常のメガネとは違いフレームにフードがついた状態とはいえ、それだけで花粉の侵入か防ぐことができるのか気になります。花粉対策のためのメガネを着用することにより、メガネをかけていない状態よりも最大で95パーセント抑えることができたという報告もあります。ちなみに一般的なメガネでは3分の1、ゴーグルでは10分の1まで花粉の侵入を防ぐことが可能です。

メガネの選び方やメリットとデメリットとは

花粉対策のためのメガネ選びは花粉のカット率が高いものが適しています。その他にも紫外線カットが施されているものなどがありますが、多くの人が花粉対策にメガネと共にマスクを着用しています。しかしこのことによりメガネが曇るデメリットが生じることがありますが。そのようなときには曇り止め加工を施すことで問題を解消することが可能です。自分に合う花粉対策用メガネを探すには、まずはフィッティングをしてみることをおすすめします。

メガネの花粉対策としては、目の周りの隙間をふさぐ防護カバーのついた専用メガネが有効です。顔にぴったりフィットするものを選ぶことが大切です。